仙台や東北地方での人探しはお任せください
24時間365日
ウイングリサーチ

家族や友人、身近な人が家出・失踪

どうしたら良いのか分からず、       お困りではありませんか?

あなたの大切な家族や友人の行方が分からなくなってしまったら

心当たりを探してみる

そのうち帰ってくるかもしれないから、もう少し帰りを待ってみる

警察が探してくれるかもしれないから相談してみる

どれも心配している人がとる当然の行動だと思いますが、解決するための十分な行動とは言えません。

 

まずは人探しのプロに相談してみませんか?

令和元年における行方不明者の状況

行方不明者の届出受理数は過去10年間ではほぼ横ばいで推移しており、令和元年は86,933人。男女別では、男性が55,747人(64.1%)、女性が31,186人(35.9%)と、男性の割合が高い。年齢層別では、20歳代が最も多く、70歳以上で増加傾向。原因・動機別では、疾病関係が年々増加し、令和元年は23,906人(27.5%)と最も多く、このうち認知症又はその疑いによるものは17,479人(20.1%)。疾病関係に次いで、家庭関係の14,335人(16.5%)、事業・職業 関係の10,244人(11.8%)の順で多い(その他、不詳を除く)という警察庁のデータがあります。

色々な事を想定して

家出・失踪の原因や動機は様々あり、単純なものから家族にも見当がつかないような

複雑で深刻な理由や背景が隠れているケースもあります。

 

○自殺願望

○借金などの金銭トラブル

○家族間のケンカや諍い

○病気やストレス

○仕事上のトラブルや人間関係での悩み

○計画的なのか、突発的なのか

○事件性の有無

○服装や持ち物、所持金は?

○自宅に残されている物は?

 

十人十色、家出人・失踪者の思考や心理は様々です。

 

突発的に家を飛び出してしまい、帰りたいけど帰るに帰れない

 

しばらく一人になりたい、当分は家に帰りたくない

 

全ての縁を断ち切り、全てを捨てる覚悟

 

抱えている悩みやトラブルを誰にも相談できず、どうしたら良いか分からず、

思いつめているかもしれません。

最初はただの家出でもその後、事件や事故に巻き込まれたり、

自暴自棄になり犯罪に手を染めてしまったり、

失踪の末に自殺してしまうケースもあります。

本当は帰りたい、気づいて欲しい、探して欲しい、助けて欲しいと

SOSを出しているかもしれません。

 

「探す」という行動を起こすことによって、大切なご家族がどんな事を考え、

何に悩んでいるのか見えてくることもあります。

あの時もっと手を尽くしていれば良かったと後悔しないために

最悪の事態にならないよう、早急に動き出すことが重要です。

発見率を左右するポイント

とにかく早い段階で動き出すことが重要です。

行方不明者の発見は時間との勝負です。

時間が経過すればするほど人の記憶は薄れ、情報は少なくなります。

時間経過とともに移動距離が増えたり、行動範囲が広がったりすることで捜索エリアを絞るのが難しくなります。

早期に動き出すことが早期発見、早期解決への近道です。

そしてご家族からの情報が多ければ多いほど発見率は高まります。

些細な情報が解決の糸口になることもあります。

ゴミ箱の中のレシートが発見につながった事例もあります。

 

また専門家に相談することで手がかりが見えてきたり、

新たに気が付く事も出てきます。

「家族」「警察」「探偵」がそれぞれの役割を果たすことで発見率は格段に変わってきます!

 

悩んだり迷ったりすることに時間を使うより、まずはご相談ください。

探偵を探すことに悩む”時間”はもったいない
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-963-345 0120-963-345
受付時間:24時間対応
Check!
    
それぞれの役割
家族

失踪時の状況を整理して、警察に届け出を!

 

事件性や緊急性があるなしに関わらず、

警察に「行方不明者届」を出しましょう。

家族が行方不明になった場合には警察署に相談、届出することを警視庁の公式サイトでも呼びかけています。届出の際は、届出人の身分証明書、印鑑、行方不明者の写真を用意し、関係資料(行方不明者の残したメモ、手紙等)としてわかる範囲で以下のもの事前にまとめましょう。

 

☑行方不明者の氏名、住所、年齢、性別、身体的特徴

☑行方不明時の服装や所持品情報

☑行方不明者が行方不明となった日時、場所、状況

☑行方不明となった原因や動機

☑特異行方不明者に該当するかどうかの判定に必要な事項

☑行方不明者の発見時の措置に関する届出人の意思

☑届出人の連絡先

☑上記以外の行方不明者発見活動に必要な事項

 

警視庁公式サイト:行方不明者相談のご案内

警察

「行方不明者届」が受理されると

 

「捜索願」という言葉がよく使われますが、2010年(平成22年)に「行方不明者届」に変更されています。「捜してください」というお願いではなく、「行方不明です」という届出になります。届出が受理されると、本人の意思による失踪ではない、生命や身体に危険が及んでいる恐れがあるなど、事件性や緊急性が高いと判断される「特異行方不明者」かそうではない「一般」かに分類されます。「特異行方不明者」と認定されると、警察は行方不明者の発見活動を行います。行方に関する情報の収集又は必要な探索もしくは捜査をしたり、届出人その他関係者と適時必要な連絡を取ったり、行方不明者の発見を求める手配をします。

一方で、「一般」と判断されると、積極的な捜索をすることはほとんどありません。

それでも、家出人・失踪者の身の安全や無事の帰宅を望むなら、警察に「行方不明者届」を出すのが最優先です。家出人や失踪者が通常の警察活動で発見されることもあるからです。行方不明者のデータは全国の警察で共有され、職務質問や交通事故など何らかの理由で身元照会された際、家族に連絡が入ります。積極的な捜索活動は行われませんが、失踪の理由や状況によっては親身になって動いてくれることもあります。

また、警察が積極的に行わない聞き込み調査を私たち探偵がした後に、聞き込み先から警察に情報が寄せられる事例もあります。その際に「行方不明者届」が出されていると、警察も事態の把握がしやすく、対応もスムーズです。

警察が積極的に行わない捜索活動を「ウイングリサーチ」が引き受けます

 

家に残されている物から手がかりを探し、友人・知人などに連絡をしたり、思い当たる場所を探したり、できる限りの事をしたいというのがご家族のお気持ちだと思います。

心配で居ても立っても居られない

家族だから見つけられるはず

そんな思いもあるかもしれません

ですが、ご家族にもそれぞれ生活があり、様々なご事情があるかと思います。

学校や仕事を休んだり

ご自宅に小さなお子さんや高齢のご両親を残して

毎日朝から晩までチラシを配ったり、

遠方へ出向いて捜索するのは難しいでしょう。

休日や空き時間に捜索することはできても、家出・失踪の状況を考慮した有効性のある時間帯やエリアの捜索は難しいかと思います。家族による捜索は限定的になりがちです。

また、心配かけたくない詮索されたくないという気持ちから、家族の家出・失踪を周囲には話したくない知られたくないと考える方もいらっしゃいます。

依頼者様に代わって「ウイングリサーチ」が大切なご家族の捜索を行います。

 

探偵が有利

 

捜索活動で探偵は経験により培われた人の顔を見分ける能力を発揮します。また、捜索する人間は家出・失踪をしている側に顔が知られていない方が何かと都合が良いと言えます。家出人・失踪者が家族や友人などに発見された場合、反射的に逃げ出してしまったり、家族や友人が街中をウロウロ探し回っている姿を見られ、隠れてしまうことがあります。顔が知られていない探偵なら、本人に気づかれずに捜索することができ、発見後もそのまま行動を追うことが可能です。寝泊まり先や居場所が判明した後に、最適なタイミング、自然な流れでお引き合わせすることも可能です。

ぜひ人探しの経験豊富な「ウイングリサーチ」にお任せください。

捜索する範囲や重点箇所、有効性のある時間帯など考慮し、

これまでの経験をもとにケースに応じた最適な捜索プランをご提案、実施いたします!

人捜し調査の流れ

  • STEP
    01

    メールや電話での相談

    家出や失踪の場合は迅速な調査で発見率も高まります

    まずは相談

    調査可能かどうかも含めて電話で可能な限り、内容を窺います

    相談
  • STEP
    02

    契約

    依頼者様が納得してもらえれば契約書を交わします

     

    その場で調査方法の打ち合わせを行います

    依頼者様の意向に応じた調査を実施いたします

    契約
  • STEP
    03

    調査実施

    専任の調査員による調査が実施

    依頼者様からの新たな情報や調査方法の変更も随時承ります

    聞き込み
安心・適正価格・調査力
探偵をえらぶ参考に
Point
1

安心してご依頼してもらうために

 

探偵相談するにあたり

まず心配なのが

信用できる会社なのかどうか

 

「ウイングリサーチ」は個人事務所です

探偵業届出証明証 埼玉県公安委員会第43180024号)

 

有名大手探偵社と業務提携を結び、1999年から下請け業者として探偵業務を行っております

大手探偵社からの下請け業者の選定に漏れず、信用を得て約20年の現場経験がございます

営業活動は行っておりませんでしたが、ご依頼者様の悩みを少しでも低料金で解決したいと思い、当社を設立いたしました

 

 

Point
2

調査料金は探偵の技術料です

比較対象が少ない為、探偵の料金が適正であるかの判断が難しいと思います

探偵に求めているものは料金ではなく、確かな調査力・確実な証拠をとる事ではないでしょうか

 


大手探偵社での見積もりや掲示されている調査料金が高額と思われる方も多いかと思います

大きな会社はそれだけ宣伝広告費や多数の従業員、設備や社屋・事務所など運営するだけで莫大な経費がかかります

これらの経費は探偵の技術料に上乗せされてしまいます

高額と感じる調査料金は大手探偵社から見れば適正価格という事です

 

また、当社でもびっくりするような低料金をうたう業者もあります

おそらくその料金がその会社の探偵技術の適正料金なのでしょう

 

 

当社では低料金を目指すよりも適正な料金での調査実施を考えています

調査を実施する探偵の経験値は20年以上、純粋に調査経験が20年のいわゆる職人です

当社の規模で考えた時の適正な料金設定が、追尾調査1時間1名6,000円になります

適正価格かどうかはご依頼者様自身で判断下さい

 

 

Point
3

調査力=経験値

どの探偵に聞いても、大手探偵社に聞いても

調査力は機材だけではなく、調査員の経験

と答えるでしょう

 

当社でも機材や設備の重要性は認識しております

ただ、オーバースペックな機材や設備は調査料金に反映されてしまいます

1キロ離れた場所からの撮影、真っ暗闇での撮影などが必要な場面はほとんどありません

 

 

暗闇を昼間のような明るさで撮影

暗闇を証拠の取れる明るさで撮影

どちらを求めていますか?

 

 

長期間の調査では行動パターンから機材や設備を準備する事は可能ですが、勝負日1日の調査など追尾調査などの現場は常に動いているので基本的には準備することが難しいです

何が起こるかわからない、とっさの対応力は調査経験で高めて行く事しかできません

当社の調査員は経験から必要な機材を常に活用して証拠を撮る事を考えます

使わない道具は邪魔で無駄になります


 

ウイングリサーチ

安心のこだわり

依頼者様の悩みを解決するために
  • 調査員の経験値

    20年以上の現場経験、プロの探偵です

  • 明確な料金

    低料金かどうかはご依頼者様がご判断ください

  • 確実な証拠

    求める証拠を撮る事を第一の目的と致します

ウイングリサーチの調査方法

どんな事をするのか調査方法について教えます
人捜し

失踪・家出・行方不明

「直近に家出や失踪した人物の捜索」

 

●調査方法:人員を使い、時間を決めて調査に当たります

 

情報(エリア)と時間が非常に重要になってきます

対象者の情報が多ければ多いほど発見率は高まります

大切な人が行方不明になった時、冷静に物事を判断する事は難しいでしょう、ご依頼時は必要な情報を漏らすことが無いように独自のカルテを作成して調査に当たります

調査方法を探偵社に一任する事も可能ですが、ご依頼者様の意向を第一に考えて調査を実施します

パチンコをしない人物なのにパチンコ店を探索、所持金が無いのに高価なホテルへの聞き込み、内密に実施したいのにビラが配られていたり、SNSで情報が拡散されている

このようなご依頼者様が必要ないと考える無駄な調査は致しませんし、実施する場合も必ず相談いたします

 

失踪や家出をしてからの時間も重要になってきます

遠方に移動をする前に、潜伏してしまう前に、自ら命を絶ってしまう前に、迅速な調査が発見に繋がります

 

情報を精査し、エリアを絞ることが出来たら

聞き込み調査を中心に、経験豊富な専任の調査員がご依頼者様の目となり足となってエリア内の対象者の探索に当たります

実際の調査で歩行中の対象者を確認する事例もあります

 

 

「何年も前に別れた家族や恩人などの探索」

 

●調査方法:ある程度の期間を設けて対象者の特定するためデータ収集や現地調査を行います

 

この調査では時間よりも情報が重要になってきます

独自の情報網を駆使して、情報を基に現地に赴いて事実確認を行うなどして、対象者の特定にいたります

調査期間をある程度設けて実施する場合が多いです

行方不明になっている方に関する情報として

☑本人の写真や身体的特徴

☑失踪時の服装・持ち物

☑失踪時の移動手段

☑所持金やカード類

☑口座の動き(通帳記帳)

☑レシートや利用明細

☑SNS等のアカウント

☑パソコンやスマホ、携帯電話の情報(検索・閲覧履歴)

☑書き置きや日記、メモ書きなど

 

情報は多ければ多いほど発見率は高まります!

「ウイングリサーチ」は何をしてくれるの?

行動パターンの予測

家出・失踪の原因や動機、その人の思考や心理によって、

行き先や身を寄せる場所も変わります。

年齢や性別、職業や社会的立場、生活環境などによって、

失踪後の行動パターンは異なります。

「ウイングリサーチ」は人探しの豊富な経験と実績を活かし、

家出・失踪の状況やタイプ別に行動を予測して

大切なご家族の捜索にあたります。

 

基本はローラー作戦

地味と思われるかもしれませんが、家出・失踪調査は聞き込みがメイン

ご家族からの情報をもとに、捜索エリアを選定し、聞き込みをしながら探索を行います。

また、ご相談の上、行方不明者に関するビラ・チラシを作成し、聞き込み先に配布します。

足を使って地道に情報を集め、有効性があれば24時間体制での捜索を行います。

 

個人情報保護法の壁

個人情報の取扱いに関して、社会全体で意識が高まり、とても慎重になっています。

宿泊施設や店側が利用客のプライバシーを守るのは当然です。

特別な事情があり、悪意がないことを理解してもらえたとしても、情報を聞き出すことは難しく、たとえ家族が問い合わせても、宿泊履歴や利用履歴を聞き出すことは容易ではありません。

強引に情報を聞き出したりして怪しまれては元も子もありません。

聞き込みの仕方や配布するチラシの内容に工夫が必要です。

「ウイングリサーチ」は長年の経験と現場の勘を活かした捜索を行います。

 

張り込みの有効性

友人・知人宅、思い出の場所、ネットカフェや宿泊施設、駅の改札、ATM、馴染みの店など

ご家族や聞き込み調査から得た情報から、家出人・失踪者本人が現れる可能性が高いと判断できる場所があれば張り込みを行います。

 

探偵を探すことに悩む”時間”はもったいない
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-963-345 0120-963-345
受付時間:24時間対応

家出・失踪の動機や背景

行動パターンは様々です

妻には言えない深刻な悩みを抱え、現実逃避する夫

突然、夫が行方不明になり、心穏やかに冷静でいられる妻はほとんどいません。

不安や心配、悪い想像、身近な人には言えない気持ち、色々な感情や想いで混乱することもあるかと思います。

 

失業、収入減など経済面での不安や悩み

仕事上のトラブルや失敗

借金などの金銭トラブル

家庭内でのストレスや不満

女性関係

いつもと変わった様子はなかったのに…

最近なんだか疲れていたかな…

そういえば少し落ち込んでいたかも…

事件や犯罪に巻き込まれているケースも少なくありません

 

あらゆることを想定して、早急かつ慎重に解決のために動きましょう。

「そのうち帰ってくる」「今はそっとしておこう」は危険です。

家出・失踪の原因や動機に心当たりがないならなおさらです。

数日後にふら~っと戻ってくるかもしれませんが、

何年も見つからない、二度と会えないという事にもなりかねません。

過去を振り返り、状況を整理してみると

「何かおかしい」「今思えば」「もしかして」

と気づくことがあるかもしれません。

ご主人の知らなかった一面が見えてくるかもしれません。

携帯がつながらなくても、LINEが既読にならなくても、

状況によっては「心配している」「無事でいて欲しい」「帰ってきて欲しい」

と伝える手段はあります。

冷静に客観的に状況を整理、分析するのが難しければ、

「ウイングリサーチ」にご相談ください。

悩む夫

理想と現実のギャップ、 複雑で深刻な悩みを抱えている息子

親子喧嘩の末、家を飛び出してしまった

朝、いつも通りに家を出た息子が帰ってこない

遠く離れた場所で一人暮らしをしている息子と連絡がつかない

友人・知人、思いつく場所を当たったが手がかりはない

帰りを待った方がいいのか、どこを探したらいいのか

不安や焦り、悪い想像、安否が気になり、居ても立っても居られないのではないでしょうか。

 

学校や職場での人間関係

勉強や仕事上の失敗や挫折

進路や将来に対する悩み

親子間の衝突や家庭内のトラブル

反抗期

 

「そのうち帰ってくる」「しばらく放っておこう」では何年も見つからず連絡も取れない、二度と会えないという事にもなりかねません。

目の前の事から「逃げる」ことが必要な状況や場面もありますが、間違った「逃げ癖」がついてしまうと息子さんの今後の人生にも影響します。

事故や事件に巻き込まれたり、犯罪に手を染めたり、自殺を考えているケースも少なくありません。

息子さんの本心や本音を知ることなく、また、息子さんに親が何を心配しなぜ心配しているのか理解してもらえぬままで良いのでしょうか。

解決のために息子さんの家出・失踪の状況や動機、性格を考慮し、心理や行動を予測して調査プランをご提案します。

友人宅に転がり込んでいたり、事情を知っている友人に口止めをしているケースがあります。

家出・失踪中であっても習慣や癖、趣味嗜好はなかなか変わりません。関連施設や関係先に現れたところを発見されるケースもあります。

思いもよらない理由で連絡が取れなくなっているケースもあります。

豊富な経験と現場の勘を活かし調査を行います。ご相談の内容をもとに聞き込みや探索を行い、状況に応じて張り込みや行動調査なども実施します。もちろん、24時間365日対応可能です。

解決への一歩、「ウイングリサーチ」にご相談ください。

息子

親の心配をよそに無断外泊、家出を繰り返す娘

娘と連絡がつかず、どこで何をしているのか分からない

親にとってこんな心配なことはありません。

いくつになっても子どもは子ども

「大切な娘」です

娘のことが心配でたまらない

その心配はなかなか娘には伝わらない

 

友だちと遊ぶことに夢中な娘

彼氏と一緒にいることが楽しい娘

友人宅に入り浸る

彼氏の家で半同棲状態

SNSやネットゲームなどで知り合った男性の家に転がり込む

無断外泊や家出が別の大きな問題に発展してしまうかもしれません

望まない妊娠をしたり、性被害にあったりしてからでは遅く、

取り返しのつかない事にもなりかねません。

大切な娘がボロボロに傷つく前に、親子で冷静に話し合い、目を覚ましてもらいましょう

 

連絡は取れるけど、居場所を教えない

家には帰らないけど、学校やバイトには行っている

居場所を判明させ、行動を調査し、

誰かにそそのかされていないか

どんな人と一緒にいるのか

トラブルに巻き込まれていないか

きちんと生活できているのか

しっかり確認して、事件や犯罪に巻き込まれたり、大きなトラブルになる事を未然に防ぎましょう。

強い警戒が予想されるので、家族ではなく顔を知られていない探偵に捜索や尾行はお任せください

まずは詳しい状況をお聞かせください。

娘

親子喧嘩が原因で家出する子ども

どんな親子でも喧嘩はするものです。

子を思うばかりに色々と口を出してしまったり

親の想いがなかなか子供に伝わらず、腹が立たったり

ちょっとした「イライラ」が積もり積もって爆発したり

身近な存在だからこそ、親も子もお互いに

遠慮のない感情的な言動で相手を傷つけたり、

悲しませたりしてしまうこともあるのではないでしょうか。

その結果、子供が家出

喧嘩の発端は何だったのでしょう

 

そもそも家出させようと喧嘩をしたわけではないはずです。

成績や進路のこと、生活態度、約束を守らない、嘘、わがまま

ちょっと注意をしたり、お説教をしたりしているうちに、口論になり、大喧嘩に発展してしまった。

勢いに任せて言い放ってしまった言葉を後悔しているのではないでしょうか?

 

売り言葉に買い言葉で突発的に

怒りや悲しみが収まらず、衝動的に

親子喧嘩が原因で家出した子どもは意地になり、

帰るタイミングやきっかけが掴めず

自分から飛び出した家には自分からはなかなか帰れないものです。

 

カッとなって感情の収まりがつかなくなってしまうのは親も子も同じです。

お互いに引くに引けない状況が続き、家出が長引き、親子関係を拗らせ、

真の問題解決が遠退きます。

話し合いだけですべてが丸く収まるわけではありませんが、

親も子も気持ちを落ち着けて、冷静に言葉を選び、相手の言葉に耳を傾け

考え方や気持ちを丁寧に伝え合う

子が不在のままでは話し合いはできません。

親子関係が修復できないほどの大きなダメージを残さないためにも、

お子さんを捜し出し、無事に戻ってきてもらいましょう。

勢いや思いつきの家出によって、親も子も人生を後悔しないために「ウイングリサーチ」にご相談ください。

61030_s

進級や卒業が危うくなり逃げ出す大学生

講義の出席日数が足りない

試験の成績が振るわない

単位が足りず、留年が現実味を帯びてくると不安になり、精神的に追い詰められ、

現実を受け入れられずに家出

 

何となく大学に入ってしまい、大学に行く意味が分からない

大学の講義よりも遊びやサークル活動、バイトなどを優先させる

大学での専攻とは関係のない新たな目標や夢ができた

などの理由から勉強に身が入らないという背景がもしかしたらあるのかもしれません。

留年に家出、親は心配や怒りで気持ちが落ち着かず、動揺しているのではないでしょうか。

 

何かを言い訳にして、目の前の事から逃げ出す

自分の力で生きていく覚悟はあるのでしょうか

せっかく入った大学

できれば卒業はして欲しいというのが親の本音だと思います。

連れ戻したところできちんと大学に通い、単位を取り、卒業を目指すのかはわかりませんが

家出したままでは問題の解決にはなりません

単位取得のための救済措置や留年を回避する方法があるかもしれません。

授業担当の先生や学生課、事務局に相談してみる価値はあります。

それでも留年が確定してしまった時には親も子もショックは大きいでしょうが、留年を受け入れましょう。

留年で人生が終わるわけではありません。

じっくり考える時間が必要かもしれませんが、きちんとけじめをつけてもらいましょう。

これからどうするのかは本人の責任

親は口を出せても道を決めて歩いていくのは子ども自身

親が代わりに大学に行くことはできません。どうすることもできない。

それでも心配だし、無事に帰ってきて欲しいと願う

お子さんの自立を見守るためにも

まずお子さんを捜し出して無事に戻ってきてもらい、留年問題をクリアしましょう。

「ウイングリサーチ」は人捜しの豊富な経験を活かし、家出したお子さんの捜索を行います。また、お子さんが無事に戻ってきた後は、お子さんの行動調査に切り替えることも可能です。

親の知らないところでネットワークビジネス(マルチ商法)に巻き込まれていたり、新興宗教の活動に熱心になっていたり、軽い気持ちからギャンブルにのめり込んでいたり、親には言えないちょっと危険なアルバイトをしている大学生も多いです。家出を繰り返しているお子さんなら、普段の様子や行動、どんな人と付き合いがあるのかを把握しておくと良いかもしれません。

417459_s
探偵を探すことに悩む”時間”はもったいない
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-963-345 0120-963-345
受付時間:24時間対応
Access

埼玉県を中心に関東一円の幅広い地域からのご依頼に対応できる確かな技術がございます

概要

店舗名 ウイングリサーチ
住所 埼玉県狭山市広瀬東2-25-37
電話番号 0120-963-345
営業時間 24時間
定休日 年中無休
対応エリア 埼玉県を中心に関東一円
探偵業届出証明証 埼玉県公安委員会第43180024号 内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 3045号

アクセス

埼玉県を拠点とし、関東一円で様々な調査のご依頼を承ってまいりました。浮気やストーカーにお困りの方、人捜しのご依頼まで、高い調査力で何でも柔軟に対応いたします。調査を通じて地域にお住まいの方々の安心の生活をお守りたいと考え、調査能力に長けたベテランの調査員が様々な方法で調査を行っています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事