あなたに代わって大切な人を捜します!
家出、失踪、行方調査
ウイングリサーチ

「特異行方不明者」か「一般」か

「捜索願」という言葉がよく使われますが、2010年(平成22年)に「行方不明者届」に変更されています。「捜してください」というお願いではなく、「行方不明です」という届出なのです。

届出が受理されると、本人の意思による失踪ではない、生命や身体に危険が及んでいる恐れがあるなど、事件性や緊急性が高いと判断される「特異行方不明者」か、そうではない「一般」かに分類されます。「特異行方不明者」と認定されると、警察は行方不明者の発見活動を行います。行方に関する情報の収集又は必要な探索もしくは捜査をしたり、届出人その他関係者と適時必要な連絡を取ったり、行方不明者の発見を求める手配をします。

「一般」だと

警察が積極的な捜索をすることはほとんどありません。

それでも、家出人・失踪者の身の安全や無事の帰宅を望むなら、警察に「行方不明者届」を出すのが最優先です。家出人や失踪者が通常の警察活動で発見されることもあるからです。職務質問や交通事故など何らかの理由で身元照会された際、家族に連絡が入ります。積極的な捜索活動は行われませんが、失踪の理由や状況によっては親身になって動いてくれることもあります。

また、警察が積極的に行わない聞き込み調査を私たち探偵がした後に、聞き込み先から警察に情報が寄せられる事例もあります。その際に「行方不明者届」が出されていると、警察も事態の把握がしやすく、対応もスムーズです。

一般の家出や失踪では警察が積極的に行わない捜索活動を探偵「ウイングリサーチ」が引き受けます。

「行方不明者届」を出す

家族が行方不明になった場合には警察署に相談、届出することを警視庁の公式サイトでも呼びかけています。届出の際は、届出人の身分証明書、印鑑、行方不明者の写真を用意し、関係資料(行方不明者が残したメモ、手紙等)としてわかる範囲で以下のものを事前にまとめましょう。

☑行方不明者の氏名、住所、年齢、性別、身体的特徴

☑行方不明時の服装や所持品情報

☑行方不明者が行方不明となった日時、場所、状況

☑行方不明となった原因や動機

☑特異行方不明者に該当するかどうかの判定に必要な事項

☑行方不明者の発見時の措置に関する届出人の意思

☑届出人の連絡先

☑上記以外の行方不明者発見活動に必要な事項

 

警視庁公式サイト:行方不明者相談のご案内

残された家族の生活や事情

手がかりを探したり、友人・知人などに連絡をしたり、思い当たる場所を探したり、できる限りの事をしたいというのがご家族のお気持ちだと思います。

心配で居ても立っても居られない

家族だから見つけられるはず

そんな思いもあるかもしれません

また、心配かけたくない詮索されたくないという気持ちから、家族の家出・失踪を周囲には話したくない知られたくないと考える方もいらっしゃいます。

休日や空き時間に捜索することはできても、家出・失踪の状況を考慮した有効性のある時間帯やエリアの捜索は難しいかと思います。家族による捜索は限定的になりがちです。

依頼者様に代わって「ウイングリサーチ」が大切なご家族の捜索を行います。

捜索

探偵が有利

捜索において探偵は、経験により培われた人の顔を見分ける能力を発揮します。街中や駅の改札などで大勢の人の中から対象者を発見した事例もあります。

また、捜索する人間は家出・失踪をしている側に顔が知られていない方が何かと都合が良いです。家出人・失踪者が家族や友人などに発見された場合、反射的に逃げ出してしまうケースや、家族や友人が街中をウロウロ探し回っている姿を見られ、隠れてしまうケースもあります。顔が知られていない探偵なら、本人に気づかれずに捜索することができ、発見後もそのまま行動を追うことが可能です。寝泊まり先や居場所が判明した後に、最適なタイミング、自然な流れでお引き合わせすることも可能です。

ぜひ人探しの経験豊富な探偵「ウイングリサーチ」にお任せください。

探偵

時間と情報量

行方不明者の発見は時間との勝負です。時間が経過すればするほど人の記憶は薄れ、情報は少なくなります。また、時間経過とともに移動距離が増えたり、行動範囲が広がったりすることで捜索エリアを絞るのが難しくなります。

早期に動き出すことが早期発見につながります。

また、ご家族からの情報が多ければ多いほど発見へ繋がります。些細な情報が解決の糸口になることもあります。ゴミ箱の中のレシートが発見に繋がった事例もあります。

悩んだり迷ったりすることに時間を使うより、まずはご相談ください。

解決
          

どんな事をするのか調査方法について教えます
人捜し

失踪・家出・行方不明

「直近に家出や失踪した人物の捜索」

 

●調査方法:人員を使い、時間を決めて調査に当たります

 

情報(エリア)と時間が非常に重要になってきます

対象者の情報が多ければ多いほど発見率は高まります

大切な人が行方不明になった時、冷静に物事を判断する事は難しいでしょう、ご依頼時は必要な情報を漏らすことが無いように独自のカルテを作成して調査に当たります

調査方法を探偵社に一任する事も可能ですが、ご依頼者様の意向を第一に考えて調査を実施します

パチンコをしない人物なのにパチンコ店を探索、所持金が無いのに高価なホテルへの聞き込み、内密に実施したいのにビラが配られていたり、SNSで情報が拡散されている

このようなご依頼者様が必要ないと考える無駄な調査は致しませんし、実施する場合も必ず相談いたします

 

失踪や家出をしてからの時間も重要になってきます

遠方に移動をする前に、潜伏してしまう前に、自ら命を絶ってしまう前に、迅速な調査が発見に繋がります

 

情報を精査し、エリアを絞ることが出来たら

聞き込み調査を中心に、経験豊富な専任の調査員がご依頼者様の目となり足となってエリア内の対象者の探索に当たります

実際の調査で歩行中の対象者を確認する事例もあります

 

 

「何年も前に別れた家族や恩人などの探索」

 

●調査方法:ある程度の期間を設けて対象者の特定するためデータ収集や現地調査を行います

 

この調査では時間よりも情報が重要になってきます

独自の情報網を駆使して、情報を基に現地に赴いて事実確認を行うなどして、対象者の特定にいたります

調査期間をある程度設けて実施する場合が多いです

人捜し調査の流れ

  • STEP
    01

    メールや電話での相談

    家出や失踪の場合は迅速な調査で発見率も高まります

    まずは相談

    調査可能かどうかも含めて電話で可能な限り、内容を窺います

    6c700525a4b64c948c1f5906ca196fbc_m
  • STEP
    02

    契約

    依頼者様が納得してもらえれば契約書を交わします

     

    その場で調査方法の打ち合わせを行います

    依頼者様の意向に応じた調査を実施いたします

    98b42f28abaa397efabf397b5c18a71b_m
  • STEP
    03

    調査実施

    専任の調査員による調査が実施

    依頼者様からの新たな情報や調査方法の変更も随時承ります

    gf1420443533l
探偵を探すことに悩む”時間”はもったいない
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-963-345 0120-963-345
受付時間:24時間対応
Access

埼玉県を中心に関東一円の幅広い地域からのご依頼に対応できる確かな技術がございます

概要

店舗名 ウイングリサーチ
住所 埼玉県狭山市広瀬東2-25-37
電話番号 0120-963-345
営業時間 24時間
定休日 年中無休
対応エリア 埼玉県を中心に関東一円
探偵業届出証明証 埼玉県公安委員会第43180024号 内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 3045号

アクセス

埼玉県を拠点とし、関東一円で様々な調査のご依頼を承ってまいりました。浮気やストーカーにお困りの方、人捜しのご依頼まで、高い調査力で何でも柔軟に対応いたします。調査を通じて地域にお住まいの方々の安心の生活をお守りたいと考え、調査能力に長けたベテランの調査員が様々な方法で調査を行っています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事