調査内容と調査方法
調査別の調査方法を教えます
ウイングリサーチの調査方法
追尾調査や人捜し
どんな事をするのか調査方法について教えます
追尾

不倫浮気、素行、婚前調査など

「パートナーの浮気調査、子供や親の素行調査、従業員の素行調査、婚約相手の素行」

対象者を追尾して行動・素行を調べる調査全般を追尾調査と分類します

 

●調査方法:人員と時間を決めて、対象者を追尾いたします


歩行の対象者の後ろをついていくだけなら簡単です、探偵の追尾は気づかれずに、証拠を撮りながら、あらゆる状況に対応していかなければなりません

技術と経験が必要になります、歩行の追尾は日常に溶け込む目立たない人が適しています、車両の追尾は高度な技術とセンスが必要になります

経験上、理想的な人員は4名ですが、現場内容、実際の立地、調査場所などに応じて相談が可能です

 

 

人捜し

失踪・家出・行方不明

「直近に家出や失踪した人物の捜索」

 

●調査方法:人員を使い、時間を決めて調査に当たります

 

情報(エリア)と時間が非常に重要になってきます

対象者の情報が多ければ多いほど発見率は高まります

大切な人が行方不明になった時、冷静に物事を判断する事は難しいでしょう、ご依頼時は必要な情報を漏らすことが無いように独自のカルテを作成して調査に当たります

調査方法を探偵社に一任する事も可能ですが、ご依頼者様の意向を第一に考えて調査を実施します

パチンコをしない人物なのにパチンコ店を探索、所持金が無いのに高価なホテルへの聞き込み、内密に実施したいのにビラが配られていたり、SNSで情報が拡散されている

このようなご依頼者様が必要ないと考える無駄な調査は致しませんし、実施する場合も必ず相談いたします

 

失踪や家出をしてからの時間も重要になってきます

遠方に移動をする前に、潜伏してしまう前に、自ら命を絶ってしまう前に、迅速な調査が発見に繋がります

 

情報を精査し、エリアを絞ることが出来たら

聞き込み調査を中心に、経験豊富な専任の調査員がご依頼者様の目となり足となってエリア内の対象者の探索に当たります

実際の調査で歩行中の対象者を確認する事例もあります

 

 

「何年も前に別れた家族や恩人などの探索」

 

●調査方法:ある程度の期間を設けて対象者の特定するためデータ収集や現地調査を行います

 

この調査では時間よりも情報が重要になってきます

独自の情報網を駆使して、情報を基に現地に赴いて事実確認を行うなどして、対象者の特定にいたります

調査期間をある程度設けて実施する場合が多いです

証拠撮り

いたずら・いやがらせ・ストーカーの証拠

「自宅や車両、本人に対しての近隣住人によるいたずらや嫌がらせ行為」

 

●調査方法:自宅や車両へのいたずらはカメラを設置して証拠を撮影します

 

「本人への嫌がらせ行為やストーカー行為」

 

●調査方法:本人を追尾しながら周囲への警戒をして嫌がらせの証拠を撮影します

 

カメラを設置するだけ、本人をお守りするだけではなく、いたずらや嫌がらせ、ストーカーをした人物の特定も探偵なら可能です

 

人数

追尾に必要な人数

 

追尾調査における調査員の人数について

 

 

追尾調査とは対象の人物を追尾する事で、ご依頼者様の求める証拠や情報を得る調査です

浮気調査が一般的ですが、配偶者の金遣いや交友関係を知りたい、両親や息子・娘の素行、婚前前調査、従業員の素行などの素行調査も多く、探偵をイメージした時に一番思い浮かべるのが追尾調査になると思います

 

追尾調査は大きく分けて車両追尾(対象者が車両を使用して移動)と歩行追尾(対象者が自転車や歩行で移動)の2つに分けられ、調査内容にもよりますが適正な調査人数は3名~5名になります

 

その理由は、車両を駐車場に止めて歩行で移動、歩行中に浮気相手の車に乗車、タクシーを使用、など追尾調査はどちらの動きにも対応が必要であり、車両追尾調査では調査車両を2台使用し歩行の対応ができる調査員を1名の合計3名、歩行調査でも歩行追尾の調査員2名と車の対応や張込み用の調査車両1台の合計3名が調査を成功させるために必要な最低人数であると考えます

 

案件によって必要な人数は少なくも多くもなりますので一概に3名いれば大丈夫とは言い切れませんが、経験上3名体制は必要最低限の追尾体制と思われます

 

 

張込みに必要な人員

 

追尾調査において大半は張込みに費やされます

 

 

自宅や勤務先から出てくるまで、立ち回り先から出てくるまで、ラブホテルから出てくるまで、浮気相手の家から出てくるまで

基本的に張込みが調査時間の大半を占め、張り込み場所からの証拠撮りが非常に重要になってきます

 

大型マンションや複合施設ビルなどの出入口が非常に多い場合はもちろん

いつ出てくるかわからない場所だと出入口が1箇所であっても1名の調査員での張り込み限界があります

浮気調査での最大の証拠となるラブホテルには出入口が複数所在します

張込みだけを考えても調査員の人数は最低限3名確保しておきたいのはお分かりいただけると思います

適正な調査員人数

 

追尾調査は失敗をしない為の体制を組むことが必須となっています

 

結果的に2人の調査で成功した、といった様な、結果論での調査は提案できません事はご了承ください

 

よくある事例として、マンションは正面エントランスしか使用しないから、勤務先の出入口は1箇所だから、警戒しない人だからと言って、調査員の人数を節約しようとするご依頼者様もおります

逆に、失敗しない為に人数を増やしましょうと提案する営業担当や相談員も多数存在します

人数を増やすことが売り上げにつながるという単純な理由で調査員の増員を提案しているかもしれません

当社では実際に現場に出ている調査員が実際の現場内容を吟味して、適正な調査員人数を提案させていただきます

調査中であっても数日間の調査を実施した結果からの人員の増員や削減は随時対応いたしますのでご安心ください

関東で張り込みや追尾などの調査に対応します

調査エリはは関東圏内でしたら問題なく調査可能でございます

とくに経験豊富なエリアは埼玉県・東京都・群馬県・千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県の関東エリアの他、静岡県・山梨県・新潟県・福島県・宮城県の調査も多く実施しています

AdobeStock_34760922

大手探偵社からの厚い信頼をいただいています

大手探偵社の下請けとして、埼玉を拠点に関東の幅広いエリアでの調査を手掛けてまいりました。張り込みや追尾をはじめとする調査を通じて、浮気不倫、人捜しなど、あらゆるご依頼に対応しています。疑惑の証拠を掴みたいけれど素人には難しい、とお困りの方に最適なサービスです。

調査を通じて、地域にお住まいの方々の安心できる暮らしをお守りしていけるよう、ベテランの現場調査員がご依頼一件一件と真剣に向き合い、確固たる証拠を掴めるよう努めています。証拠や捜索が必要な際に、プロとして迅速に対応いたします。

Access

埼玉県を中心に関東一円の幅広い地域からのご依頼に対応できる確かな技術がございます

埼玉県を拠点とし、関東一円で様々な調査のご依頼を承ってまいりました。浮気やストーカーにお困りの方、人捜しのご依頼まで、高い調査力で何でも柔軟に対応いたします。調査を通じて地域にお住まいの方々の安心の生活をお守りたいと考え、調査能力に長けたベテランの調査員が様々な方法で調査を行っています。
相談しやすい環境
店舗名 ウイングリサーチ
住所 埼玉県狭山市広瀬東2-25-37
電話番号 0120-963-345
営業時間 24時間
定休日 年中無休
対応エリア 埼玉県を中心に関東一円
探偵業届出証明証 埼玉県公安委員会第43180024号 内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 3045号

お客様のお悩みを解決へと導き安心の暮らしを送れるよう調査を通じてお力になります

関東一円で探偵として様々な調査のご依頼を承り、証拠を撮ることを第一の目標として、誠実な対応を徹底してまいりました。大手探偵社の下請けとして、埼玉を拠点にこれまでにも幅広いご依頼に対応しお喜びいただいてきた実績がございます。お悩みやトラブルの証拠を掴むことで解決にも繋がり、安心して暮らしていけるようになります。ストーカーや嫌がらせなど、何かあってからでは遅いというケースもございますので、少しでもご不安があればすぐにご相談いただきたいと考えています。
経験の豊富なベテラン調査員が在籍していますので、お悩みやご希望に合わせた様々な方法での調査が可能です。しっかりとご相談をお伺いしたうえで対応し、調査内容についても丁寧にご説明いたしますので、探偵へのご依頼が初めての方もご安心ください。お客様のご不安やお悩みを解消するお手伝いができるよう、責任を持って証拠を集めてまいります。

調査能力に長けた現場調査員によって関東全域での調査依頼に対応し、これまでにも様々な証拠を得てお客様のニーズにお応えしてまいりました。浮気不倫などは悩んでいても解決しませんし、人捜しは万が一のことがないよう早急に行う必要がございます。浮気や人捜しをはじめとする幅広い調査のご依頼に迅速に対応し、調査を通じて解決のお力になります。

調査が必要な事態には、何事も早急な対応が欠かせませんので、常に迅速な対応を心掛けています。埼玉を拠点にこれからも実績多数の探偵社としてご依頼に対応し、トラブルやお悩みを解決へと導きます。

RELATED

関連記事